味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル

費用相場はどのくらいか

ラーメン屋を開業する前に知っておきたい3つのポイントを大紹介!ここでは開業の費用相場についてまとめています。

ラーメン店の開業に必要な資金は?

ラーメン店を開業するには、フランチャイズチェーンに加盟してオープンさせる方法と、個人でオープンさせる方法の2つのケースがありますが、どちらの方法を選ぶとしても、開業資金の問題は切っても切り離せません。

それぞれのケースで開業するにはどれだけコストが必要なのか、見てみましょう。

フランチャイズを利用した場合

  • 加盟金:100~300万円程度
  • 保証料:50~100万円程度
  • 研修費:30万円程度
  • 改装・設備費:1,000万円程度
  • 合計1,200~1,400万円

個人で開業する場合

  • 改装・設備費:1,000~1,500万円程度
  • 広告宣伝費:20~50万円程度
  • 人材募集費:10~20万円程度
  • 開業前人件費:50~100万円程度
  • 合計1,200~1,670万円

物件や費用の相場観に劣る分、若干、個人のほうが割高になる傾向はあるようです。

また、フランチャイズでは経営計画のサポートや営業のアドバイス、スタッフ研修などの成果となって、出費のリスクを取り戻せるというメリットもあります。

フランチャイズ本部が蓄積してきた経営ノウハウが吸収できるだけでなく、ラーメン店として認知されているブランドも掲げられるという強みも考えれば、個人で開業するのに比べて大きな割安感さえあるかもしれません。

「でも結局、毎月ロイヤリティとか取られるんでしょ」と思われるかもしれませんが、ロイヤリティのない加盟システムのフランチャイズもあります。

そうしたフランチャイズ本部をうまく見つけることができれば、コスト面・経営面でもかなり優位にラーメン店を開業させることができるでしょう。

未経験でもOK!ラーメン屋開業をサポートするFCブランドを比較

ラーメン

■管理人プロフィール

【ゴルゴンゾーラ東川口】(仮名)

某出版社でトレンディ誌やグルメ誌などの編集を担当。現在は経済誌を担当しているが、社内でも無類のラーメンマニアのため、グルメ関係媒体からのコラム依頼が絶えないことは秘密だ。

今回、知人のラーメン店開業支援を機に、そのとき調べた情報の一部を整理し、おすすめ情報をここに掲載するに至る。

41歳。3児の父。

 
味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル