味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル

資金

先人たちのラーメン屋開業・経営体験のうち、資金や仕入れにかんするエピソードをご紹介します。

資金で失敗したラーメン屋経営エピソード

case1:甘い収支計画で火の車

ラーメン屋でもなんでもそうですが、開業においてもっとも大切なのは綿密な事業計画や資金・収支計画です。

これをおろそかにすると痛いしっぺ返しをくらってしまうことを、私は身をもって体験してしまいました…。

私の場合、事業計画や資金計画は問題なかったのですが、がん細胞となってしまったのが収支計画。

予想収益を甘く見積もってしまったがために、いざ開店してみると、経営に大きな歪みを生んでしまったのです。

そもそも収益のモデルとしたのが、私が以前はたらいていた都心の繁盛店でした。

一方、私が出店する場所は駅からも少し距離があり、坪数も10坪程度。にもかかわらず、「味では見劣りしない」と、その繁盛店同様の収益が見込めると踏んだわけです。

結果は…。いうまでもなく、そんな予想は甘いザックリと裏切られ、予定していた収入が得られずお店の台所事情は開店早々火の車。

「開店の夢がなう」と考えると、文字通り夢見がちになってしまいますが、経験者からの助言としては、想像している収益予想よりも4~5割引きして考えておくべきだと思います。

case2:競合出現で狂った計画

自分はラーメン好きが高じて、30歳で一念発起。銀行から融資をうけて、会社員からラーメン屋に転じました。

出店場所の候補地は、駅からは徒歩で10分以上離れた場所。ですが、そのぶん同業のラーメン屋がなかったので「これならいける」と確信し、そこに出店したのです。

繁華街ではないものの、住宅街のなかにちらほらと事務所・オフィスもあるので、うまくいけば周辺のお客さんを取り込めるはずでした。

そして開業。もくろみ通り、オープンから数か月は客足が絶えず、売上額は当初の目標の2倍にも迫る勢い。

「ここでラーメン屋を開いてよかった」と、感涙を流したものです。

が、しかし。

その直後、すぐ近くに競合ラーメン店が出店!

もともとは居酒屋だったところですが、自分のラーメン屋の人気を見てか驚きの業態転換。青天の霹靂以外なにものでもありません。

不幸なことに、自分の店よりも店舗面積が広いうえに、ラーメンの価格もうちより安い。

その煽りは自分の店を直撃し、にぎやかだった店内も閑古鳥がなくように…。

資金計画もわりとギリギリで立てていたので、瞬く間に資金が底をついてしまいました。

その後、結局調子は上向かず、いまでは店をたたみ、また会社員生活に戻って銀行への返済を続けています。

みなさんも、開業前には先々まで見越した周辺事情をリサーチするようこころがけてください。できれば、そうしたところまでリサーチ、サポートしてくれるフランチャイズがいいかもしれません。

case3:味へのこだわりが生んだ悲劇

ラーメン屋の開業を志す人ならば、誰でも味へのこだわりがあると思います。

麺やスープ、具材、サイドメニューなど、それは人それぞれでしょうが、私が強くこだわったのが「食材」でした。

「すべてのお客さんに最高の1品を提供したい」という信念があったので、食材も全国から厳選したものだけを使用。

当然、そのこだわりは原価にも跳ね返ってくるので、私の店のラーメンは一番安くても1200円という設定でした。

少し高いことは自覚していましたが、最高の食材を集めた究極のラーメンです。私も若かったですし、それでもお客さんはわかってくれるに違いない、と強気に読んでいたのです。

もちろん、まったく売れませんでした。

ある程度はそれでも売れると勘定して収支計画や資金計画を立てていたので、原価率ばかりがかさみ、このままでは店がつぶれるのは時間の問題。

やむなく路線変更しました。

こだわりももつのも大切ですが、あくまで地に足をつけて考えないと、私のようにあとから大変な目にあってしまいますよ。

資金面で失敗しないために

こうした資金面や計画面での失敗をしないためには、開業・サポート経験豊富なフランチャイズを使用するのがかしこい方法。

フランチャイズなら自分の店を持ちながら、それぞれの資金状況や店舗立地にあわせて最適な計画をしてくれるはずです。

未経験でもOK!ラーメン屋開業をサポートするFCブランドを比較

ラーメン

■管理人プロフィール

【ゴルゴンゾーラ東川口】(仮名)

某出版社でトレンディ誌やグルメ誌などの編集を担当。現在は経済誌を担当しているが、社内でも無類のラーメンマニアのため、グルメ関係媒体からのコラム依頼が絶えないことは秘密だ。

今回、知人のラーメン店開業支援を機に、そのとき調べた情報の一部を整理し、おすすめ情報をここに掲載するに至る。

41歳。3児の父。

 
味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル