味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル
HOME » 開業のサポートが手厚いラーメン屋10選 » 中国ラーメン 揚州商人

中国ラーメン 揚州商人

ラーメン店の開業サポートをしてくれるフランチャイズブランド・中国ラーメン 揚州商人について紹介しています。

ラーメン店の開業ができるFCブランド・中国ラーメン 揚州商人の特長

独立開業を支援してくれるフランチャイズブランド・中国ラーメン 揚州商人は、ホイッスル三好が運営するラーメンチェーン店です。

揚州商人の名前の由来は、古来より刃物職人のまちで、職人気質の料理人の多い中国・揚州にちなんだもの。つまり、「一流の職人がつくる本物の味」を追求しているのが、中国ラーメン 揚州商人なのです。

現在展開している31店舗中(2014年1月現在)で、まだまだ少ないのが現状。つまり、伸びしろの大きいラーメンフランチャイズといえ、これからラーメン屋の開業を狙っている方にとってはまさに狙い目といえるでしょう。

加盟にあたっては、加盟金200万円・保証金100万円が必要。開店前研修は、期間が2か月で費用は2人で100万円となっています。ラーメン屋の開業では、研修に3か月を要するフランチャイズも多いので、「なるべく短期間でオープンさせたい」という方にはおすすめです。

そのほか、開業支援費100万円で、開店2週間前から開店後1か月までさまざまな開業支援サポートをしてくるため、はじめてのラーメン屋経営でもスムーズにスタートさせることができるでしょう。

開業にあたって必要な資金は、これらの加盟金などで約600万円。これに加えてら店舗初期費用として、1,400万円ほど(居抜き物件の場合)が必要となるので、最低でも2,000万円程度の資金を見積もっておけばいいと思います。

中国ラーメン 揚州商人のFC情報

  • 加盟金:200万円
  • 保証金:100万円
  • ロイヤリティ:売上の4%
  • 加盟期間:5年間
  • 出店地域:首都圏(募集は全国)
  • 出店数:31店

先輩オーナーたちの声

  • 「もともとよく利用していたお店でなじみがあったのですが、その味をもっと地元の人たちにも知ってほしくてFCに加盟しました」
  • 「まだ店舗の少ないFCなので、スタッフと一緒にはたらきやすい環境をつくっていけるのがいいです」
  • 「開店して日が浅いので日々戸惑いばかりですが、本部の方からのサポートもあるので1つひとつ解決しながら進んでいます」

中国ラーメン 揚州商人など、開業サポートが手厚いラーメンフランチャイズを比較しました

未経験でもOK!ラーメン屋開業をサポートするFCブランドを比較

ラーメン

■管理人プロフィール

【ゴルゴンゾーラ東川口】(仮名)

某出版社でトレンディ誌やグルメ誌などの編集を担当。現在は経済誌を担当しているが、社内でも無類のラーメンマニアのため、グルメ関係媒体からのコラム依頼が絶えないことは秘密だ。

今回、知人のラーメン店開業支援を機に、そのとき調べた情報の一部を整理し、おすすめ情報をここに掲載するに至る。

41歳。3児の父。

 
味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル