味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル » ラーメン屋を開業するために知っておきたいポイント » フランチャイズでラーメン店を開業するメリット・デメリット

フランチャイズでラーメン店を開業するメリット・デメリット

こちらでは、ラーメン店を開業する方法として注目を集めているフランチャイズについて、メリットやデメリットを詳しくまとめています。

フランチャイズでラーメン店を開業するメリット

ラーメン店や飲食業の素人でも開業を目指せる

フランチャイズでラーメン店を開業するメリットのひとつが、ラーメン店の開業や営業についてのノウハウがマニュアル化されているという点です。ラーメンの味づくりやメニューに関連するノウハウ、店舗に適した立地環境の探し方、マーケティングなど、ラーメン店の営業で成功しようと思えば多角的なビジネス戦略が欠かせません。そのため、さまざまなケースについてのノウハウを蓄積しているフランチャイザーのマニュアルを活用できることは、安定したラーメン店の営業を目指すうえでメリットです。

既存のブランドや知名度を活用できる

人気店のフランチャイズの場合、すでに本部のブランドに知名度があるので、新規店でも最初からある程度の宣伝効果を期待できます。また、味や価格についても有名店ならではの安心感があり、一般客の方も足を運びやすいという点は重要です。

フランチャイズでは売上げを得られるようになるまでのスピードが早く、収益が安定しやすいというメリットがあります。

セントラルキッチンによる労働負担の軽減

フランチャイズでは、本部が専門の仕込み場(セントラルキッチン)を設置していることも少なくありません。そのため、フランチャイズ加盟店はすでに仕込みが完了された食材や調味料などを受け取れることもあり、店で行わなければならない仕込み時間を大幅に省略することが可能です。

また、味の品質をセントラルキッチンによってキープしやすい環境は、オーナーが店舗運営に集中しやすいといったメリットも生みます。

既存の仕入れルートを紹介してもらえる

フランチャイズではすでに確立されている仕入れルートを活用できるため、新たに業者と交渉する必要がありません。また、仕入れ価格を抑えられるので、原価率や利益率についても魅力的な取引を行えます。

フランチャイズでラーメン店を
開業するデメリット

フランチャイザーへ支払う費用

フランチャイズでは加盟金や保証金、ロイヤリティ(権利料)といった費用を本部へ支払わなければなりません。本部へ支払うコストはフランチャイザーによっても大きく異なるため、最初に確認しておかなければならないポイントです。

店のオリジナリティを追求しにくい

フランチャイズでは、どうしても加盟店のひとつとしての営業スタイルが求められます。そのため、自分だけの店としてオリジナリティを追求していきたいと思っても、フランチャイザーとの契約によっては不可能な内容もあります。

本部のブランド力に左右される宣伝効果

人気のフランチャイザーであれば、それだけで宣伝効果を期待できますが、知名度があまり高くないブランドであれば、あまり宣伝効果を期待できないこともあるでしょう。また、ほかの加盟店のトラブルによってマイナスイメージの影響を受けることもあり、良くも悪くも一蓮托生という点が重要です。

ド素人から職人に!
ラーメン開業
フランチャイズ3選

最短半年のスピード
回収を目指せる

希望軒

ロイヤリティ:売上の3%

全国的に開店できる
大手サポート

らあめん花月嵐

ロイヤリティ:売上の5%

オンラインサロンを
使った小規模開業

ラーメン大戦争

ロイヤリティ:売上の7%

※まったくの未経験者でも開業可であり、事業計画・運営・商品開発のすべてにサポートがあるフランチャイズブランドから選定しています。

月額売上500万円の場合…

ロイヤリティ3% 毎月15万円支払い ロイヤリティ4% 毎月20万円支払い
ロイヤリティ5% 毎月25万円支払い ロイヤリティ6% 毎月30万円支払い
ロイヤリティ7% 毎月35万円支払い ロイヤリティ8% 毎月40万円支払い
ロイヤリティ9% 毎月45万円支払い ロイヤリティ10% 毎月50万円支払い

ド素人から職人へ
ラーメン開業への道

イメージ

まったくの未経験からでもラーメン開業ができる!サポートの手厚いフランチャイズブランドを紹介しています!