味にこだわる!ラーメン屋の開業必勝マニュアル » ラーメン屋を開業するために知っておきたいポイント » ラーメン店のテイクアウト

ラーメン店のテイクアウト

こちらでは、ラーメン店がテイクアウトを始めるうえで気になるポイントと注意すべきリスクについて紹介しています。

ラーメン店でもテイクアウト注文が増えている

生活様式の多様化が進み、ラーメン店でもテイクアウト注文が増えています。また、テイクアウトは店内で接客を行う必要がなく、接客担当のスタッフを削減できたり、店内の消耗品コストを節約できたりといったメリットもあります。

一方、店舗を訪れる客層とテイクアウトを利用する客層では違いがあり、それぞれに適したマーケティング戦略を考えることが重要です。

ラーメン店のテイクアウトに必要なものとは?

ラーメン店のテイクアウトに必要な資格

すでに営業しているラーメン店が新しくテイクアウトサービスを始めるにあたって、特別な専門資格は必要ありません。そのため基本的には、ただテイクアウトを始めるだけであれば、今日からでもスタートさせることが可能です。

テイクアウト用の梱包材

現代ではテイクアウト用にさまざまな容器が開発されており、熱い汁物であるラーメンのテイクアウトについても専用の梱包材や容器が販売されています。

店で出す皿や器で出前をすると、改めてそれらを回収しなければなりません。ですが、テイクアウトであればお客様が店舗へ取りに来てくれるうえ、使い捨ての容器なら回収の手間も省けます。反面、容器のコストがかかるので、使いやすさや機能性だけでなくコストパフォーマンスも考えた容器の選択が欠かせません。

テイクアウトを始めるうえでの注意点

販売方法によって営業許可が異なる?

例えば、ラーメンの具材としてチャーシューを提供する場合は「飲食店営業許可」、チャーシュー単品で販売する場合では「食肉製品製造業」と、許可の種類が異なることもあり、最寄りの保健所へ確認するようにしてください。

衛生管理の徹底と積極的な広告活動

飲食状況を店舗で管理できないテイクアウトでは、普段以上に衛生管理への意識が重要になります。また、テイクアウトを行っているというアピールを積極的に行うことも欠かせません。

テイクアウト注文へのノウハウを確認

通常の注文であれば、お客様が来店してからの注文確認になりますが、テイクアウトの場合は事前に注文を受けておき、改めてお客様が来店するといったケースもあるでしょう。

ラーメンは完成した瞬間から味の変化が始まっていく料理であり、注文の受付方法が異なれば、麺をゆでるタイミングも変わります。そのため、テイクアウトで理想的な成功を目指すには、より効率的な注文方法を検討していくことが必要です。

ド素人から職人に!
ラーメン開業
フランチャイズ3選

最短半年のスピード
回収を目指せる

希望軒

ロイヤリティ:売上の3%

全国的に開店できる
大手サポート

らあめん花月嵐

ロイヤリティ:売上の5%

オンラインサロンを
使った小規模開業

ラーメン大戦争

ロイヤリティ:売上の7%

※まったくの未経験者でも開業可であり、事業計画・運営・商品開発のすべてにサポートがあるフランチャイズブランドから選定しています。

月額売上500万円の場合…

ロイヤリティ3% 毎月15万円支払い ロイヤリティ4% 毎月20万円支払い
ロイヤリティ5% 毎月25万円支払い ロイヤリティ6% 毎月30万円支払い
ロイヤリティ7% 毎月35万円支払い ロイヤリティ8% 毎月40万円支払い
ロイヤリティ9% 毎月45万円支払い ロイヤリティ10% 毎月50万円支払い

ド素人から職人へ
ラーメン開業への道

イメージ

まったくの未経験からでもラーメン開業ができる!サポートの手厚いフランチャイズブランドを紹介しています!